上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お世話になっている マダムはせがわさんの和みカフェ のスイーツの一つ「しょうがプリン」。今まで、和みカフェで2回食べましたが、また食べたいとは思っていました・・・。

昨日、編物教室のお友達が、「ブログを見て、和みカフェに行ってみたんです」と。
スイーツは、しょうがプリンもシフォンケーキも食べたとか・・・。
そして、しょうがプリンを作って見たいと思って、作ってみたそうなんです。材料を聞いてびっくり!しょうが・牛乳・コンデンスミルクの3つだけ。ゼラチンとかそういう固めるものが入っていないって。しょうがに含まれる酵素が固めてくれるそうです。はなまるマーケットでも取り上げられたことがあるんだって。

それを聞いたら、私も作りたくなって、今日作ってみました。牛乳を温めるところにコツが(^^)b

1回目、適当にあたためた牛乳の温度が低かったんだと思います。固まりませんでした。失敗した温かいしょうが入りの牛乳は、なかなか美味しい^^
2回目、石けんを作っている私には温度計がある!と思って、牛乳を70度にしてみました。牛乳が沸騰する温度は100度かどうかわからなし、牛乳ってあまり温めると膜がはるし、このくらいでと思ったのが70度。
また固まらないようだったから、3回目、
確か牛乳は、沸騰する直前がいいということなので、今度はもう少し温度をあげて、80度。鍋肌に泡が出はじめる頃でした。

ネットで調べたレシピでは、5分で固まると書いてる人もいるし、15分くらいかかったという人もいるけど、私のはもっとかかったし、途中から冷蔵庫にいれました。最終的に2回目も3回目も固まりました\(^O^)/

20081024223654


3つの材料だけで、ホントに固まったわ~、ちょっとゆるい固さだけど。食べるとしょうがの辛さがのこります。コンデンスミルクも少なくして甘さ控えめがいいかも。しょうがの量を減らしたら固まらなくなりそう。
マダムはせがわさんのしょうがプリンはちょうどいいお味。やっぱりまた、和みカフェで食べよう^^;

3回作ったら、コンデンスミルクのチューブ1本使いきりました^^;

広島ブログ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ


スポンサーサイト
2008.10.21 みかん石けん
レッドパーム油は、消費量の多い キッチン用EMカロチン石けん を作るので、いつも5kg入りを買います。
その沢山あるレッドパーム油を使って、みかん石けん。(レッドパーム油40%)
 
オプションに入れたのが、みかん蜂蜜・オレンジピールパウダー・トレハロース。
香りはスイートオレンジとレモンの精油。

20081021144055


さわやかなオレンジの香りの中に、オレンジピールパウダーの中の苦味のようなにおいが残っています^^;

広島ブログ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
去年作ったゆずこしょうが 、とっても美味しかったので、今年は唐辛子も育てて、作りました。
青唐辛子の出来る夏頃に、 青唐辛子を下ごしらえ 。スーパーで、赤いゆずこしょうも見かけたので、赤くなった唐辛子を使ったものも作ってみることにしました。
20081014153758



↓↓↓ 今日は、庭のゆずを採って来て、
20081014152353


↓↓↓ すりおろして、
20081014152416


↓↓↓ 下ごしらえしてある、唐辛子と混ぜるだけ。
20081014154649
20081014154659




とりあえず完成!
そしてまた、冷蔵庫の中で、馴染ませます。1ヶ月くらいしたら食べ始めるつもりです。
お店では、もう鍋物の材料をアピールして、売られているけど、我が家では、11月くらいからじゃないと鍋物を食べないので(暑がりさんがいますので)、ちょうどいいです。
時間が経つほど、味がマイルドになることも去年の経験で、わかりました。
楽しみ^^

広島ブログ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ




前の記事に続いて、ローズワックスの話題。
そろそろ、ハンドクリームが必要になるので、いつものマカダミアナッツオイルのハンドクリームを作らなきゃ。
今回は、材料の蜜蝋をローズワックスに替えて、作ったらバラのハンドクリームだわ石けんに入れたローズワックスよりは、香るだろうと予想して。
だけど、ローズ石けんに入れたワックスとは、違うワックスだったので、色・香り・固さが違って、予想通りに出来なかったんです。
今回のは、ソフトタイプで、蜜蝋をローズワックスに替えただけでは、柔らかすぎて後から蜜蝋を加えることになりました。
そして、なんと言っても香りが全然違う。香りがとても強い。これじゃあ、ハンドクリームとしては、香りが強すぎます。これは、練り香水として使った方がいいみたい。キッチンがまだバラの香りだし^^;
ローズワックスも、買ったところ(正確には製造したところかな)によって違う!という学習をしたのでした。

20081010090424


広島ブログ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

2008.10.08 ローズ石けん
バラの石けんのリクエストで作りました。

今回のは、ローズウォーター・ローズワックス・ローズクレイを使ってみました。

香りをローズワックスで付けてみようというが、今回1番のポイント!
トレースが出てから、ホホバオイルにローズワックスを溶かして、投入。しかし、ホホバオイルの量が少なかったのか、ワックスの宿命なのか、入れた瞬間から固まってしまいました。
だから、今回の石けんは、ローズワックスのつぶつぶ入り。
500gバッチに対して、10gのローズワックスの香りは、微香です。香りを感じない人もいるかもしれないくらいの微香^^;

20081008105121


↑↑↑バラの葉っぱと写真を撮ってみました。
バラのシリコンモールドをついに注文したので、次回はバラの葉っぱの上には、バラの形の石けんを置いて撮影できます^^

広島ブログ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ



ハーブた~っぷりの石けんが出来ました。

20081003120237


マルセイユ石けんのレシピで、南仏料理風の香りのハーブを入れたので、名前は「Savon de Provence」。
オリーブオイル72%の部分に、ローリエのインフューズオイルとローズマリーのインフューズオイルを2対1で使いました。ローリエもローズマリーも、家の庭で育ったものです。
ローリエの乾燥に苦労しましたが、 ミンクさん のアドバイスで、電子レンジで乾燥させると上手くいくことがわかり、庭のローリエを石けんに使うことが出来たのでした。

オプションで、入れたドライハーブは、GABANの「エルブ・ド・プロバンス」。セイジ・タイム・フェンネル・ローズマリーが入っていて、普段は、ラタトゥユやバーニャカウダなどお料理に使っています。

20081003122441


香りは精油で、ローズマリーをメインにして、レモングラスとはっかを少し入れました。とってもハーブな石けんで、お気に入りの石けんになりました。

広島ブログ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

2008.10.02 最近買った本
「西の魔女が死んだ」を読んで 、それ以来、憧れてるハーブを使いこなす魔女生活。
そんな西の魔女のような暮らしをされている方の本を見て、手元に置いておきたいと、すぐ購入!
きれいな写真とレシピがいっぱい。

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia\'s Ohara Herb Diaryベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia\'s Ohara Herb Diary
(2007/03/27)
ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith

商品詳細を見る


現実は・・・こんなには出来ないけれど、食品の安全が信用できない今なので、少しでも近づいて、安心な暮らしができればと思うのです。

広島ブログ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。